セボママとオーニング

おはようございます。

腰の痛みもすっかり収まり、いつも以上の動きを期待されているキャラメル職人です。

一日ブログを貯めこむと、書くことが多くて大変です。


先日はご近所の「セボママ」へ遊びに行きました。


これはそこで出店なさっていた「atrier Bavil」さんの作品。

とても素敵だったので、キャンドルの飾りを購入し、早速店内に飾っております。

お店にも遊びにきてくださいね。とのこと。

「本当に遊びに行っちゃいますよ♡」

これで、実際に遊びに行ってしまうのが我々の恐ろしいところです。



話は大きくかわって、

先週末にお店にオーニングをつけました。

これで日差し対策は万全だったのですが、そのオーニングの問題が浮き彫りになりました。


「オーニングをつけたら、窓からの眺めが悪くなったの♪」

「仕事してて、つまんない♡」


たしかに、それじゃあPatisserie 301の大きな窓が台無し。

社長のやる気が無くなればPatisserie 301は店仕舞いしなくてはなりません。

キャラメル職人、失業の危機です。


そこで、オーニングの形を修正することにしました。

チクチクと手縫いです。

夕方の作業だったのですが、散歩途中の常連様が


「自分でやってるのかい? 手伝ってあげようか。」


と優しいお言葉をかけてくださいました。


散歩帰りにももう一度お声をかけてくださいまして


「辛くないかい、もう慣れたかい?」


とのこと、

溢れ出ようとする涙をこらえつつ、ひとまず、仮止めをしてみました。あとで、しっかりした糸でステッチいれよう。

ではでは〜

このブログの人気の投稿

ほおひげパン屋さん バッケンバルト

チョコレートタルトのレシピ

Patisserie301はELLE gourmetに(まだ)掲載されておりません。