投稿

8月, 2013の投稿を表示しています

いちじくのタルト

イメージ
Patisserie 301では時折、特別なケーキを作ります。

その季節だけ楽しめるケーキです。


材料に合わせてメニューを作っているので、どうしてもその季節に合わせたケーキになってしまうのです。

他のお店では一般的な「いちごのケーキ」も

Patisserie 301では冬から春にかけてのスペシャルケーキになります。


小さなお店のメリットは、採れたて新鮮なフルーツを使えること。

先日、「いちじく」を扱っている農家さんとお知り合いになりました。

いちじくは最盛期、早速農場まで遊びにいきました。

とてもシャイな方ですので、顔出しはできませんが、いちじくのお味はとても満足のいくものでした。



というわけで、Patisserie 301では「いちじくのタルト」を出します。

9月〜10月初めまでご提供できればと思っております。


口の中に爽やかな香りが広がるケーキです。

キャラメル職人のお口もしばらく爽やかになると思います。


ではでは〜

まちたまへ

ここ最近の局地的豪雨はすごい。
社長によれば
「夜中の雷と雨がすごいのよ☆」
とのこと
Patisserie 301近くの農道に干しミミズがたくさんできていた理由がわかりました。

キャラメル職人と農道には因縁があります。
キジやコガモ軍団に出会ったのも農道でした。
先日も新たな出会いが・・・

お盆の渋滞を回避すべく、農道へ車を走らせていたその時
目の前に、すっくと立ちはだかる影。
長いその脚を地に踏ん張り、同じく長い首をピンと伸ばし、なで肩でありながら威厳に溢れ、その出で立ちはまさに見事。
その影の主は一羽の白鷺(シラサギ)
車で近づいても、飛び立ちません。
まるで
「まちたまへ、ここは我が土地ぞ」
とたしなめられた気分になりました。

キャラメル職人は、はっとしました。
きっと、彼は男爵だ。白鷺男爵にお会いしたのだ。

農道には出会いがあります。
来年も男爵にお会いするのを楽しみにしております。
ではでは〜

ビッグウェーブ

伝票のビックウェーブ到来!!

社長より
「波に乗るのよ♡」

とのこと
キーボードを打ち込む指先も弾みます。

ではでは〜

夏休み

ながーい夏休みが終わり、Patisserie 301の営業が始まりました。

皆様に「ついに・・・」と思われていないか多少心配ですが、

今日はやっています。


よろしくお願いします。

ではでは〜

サランボー職人

イメージ
暑い時には酸味の効いたサッパリしたものが食べたくなる。
こう暑い日が続くと、似たような味ばかり口にしてしまいます。
当然、飽きが来ます。

本日は無性にこってりした味を食べたくなりまして、
今日はサランボーを作ってください
と社長にお願いした次第です。

「え、なんで?☆」
「そんなに食べたいなら自分で作ればいいじゃない♪」

と優しくお許しのお言葉をいただきました。ありがとうございます。

というわけで、本日はいつもよりもクリームこってり、生地サックリのサランボーをご用意いたしました。
時間が立つほど数が減ります。お求めの方はお早めにご連絡ください。
キャラメル職人、今日は夕飯いらないかも。
ではでは〜

予言

お店を開くと雨が降る。
そんなメランコリックなお店「Patisserie301」で働くキャラメル職人です。

さてさて、8月に入りまして、5日ぶりの営業となります。
前回の営業が終わったあと

次の営業日は暑くなるか、雨が降るかのどっちかですかね。
「縁起の悪いこといわないの♡」

などと、社長と雑談しておりましたが

本日は、とても暑くなり、雨も降るそうです。
職人辞めて占い師になろうかな。

8月11日のメルカートも、ものすごく暑くなりそうですよね。
「縁起の悪いこといわないの♪」
などとも話しておりましたが・・・

先ほど天気予報見たら、当日は36度になるそうです。
キャラメル職人の体温と同じ温度です。

占って欲しい方がいらっしゃいましたら是非おこしください。

ではでは〜

パチ

4月に開店したPatisserie 301。

初めての8月を迎えました。

「二八(ニッパチ)」と言いまして、2月と8月は客足が遠のくと言われてます。

なんて恐ろしい月でしょう・・・

さて、打倒パチを目指し、パティスリー301は配達をはじめます。
正確にはキャラメル職人が配達をはじめます。
営業状況やその日のメニュー、そしてキャラメル職人の気分によって運べる範囲が変わります。お問い合わせください。

「日に焼けるから外出るのはイヤー♪」

というPatisserie301の社長のような方には特におすすめ。
はい、宣伝でした。
ではでは~