バジルちゃん

朝から強い風が吹いてます。

この風は、これまでの湿気のこもった夏の空気を吹き飛ばし、冬を予感させる肌寒さも運んできました。

うちの社員たち(植物たち)も、そんなさなかメゲズにがんばっております。


基本的に悪環境に強いパティスリー301の社員たち。

なんせ、あの猛暑でも枯れることなく、秋を迎えようとしているのです。

すごい。


そんななかでも、もうそろそろお別れを迎えようとしているのが

素鵜糸 葉汁(すいーと・ばじる)さん

通称「バジルちゃん」

ひときわ寒さに弱いので、来月には退社&お引越しです。


いざ退社が決まってしまうと遠慮のないのが、うちの社長。


「このチョコレート、試しに買ってみたんだけど美味しくないの♡」

「たくさん溶かしちゃったんだけど、そのまま捨てるの環境によくないし☆」

「あら、こんなところにちょうどイイものが♪」


と、バジルちゃんのデスク(プランター)に、大量のチョコレートを捨てておりました。

かくいう、キャラメル職人も香りの薄くなったシナモンをぶちまけてたりします。

なんという、ブラック企業。


バジルちゃんは、今後まとめて収穫され、バジルソースとして活躍する予定です。

またよろしくね。


ではでは〜

このブログの人気の投稿

ほおひげパン屋さん バッケンバルト

チョコレートタルトのレシピ

Patisserie301はELLE gourmetに(まだ)掲載されておりません。