スキップしてメイン コンテンツに移動

お菓子教室の人数

パティスリー301ではお菓子教室セレンディピティを開いておりまして

キャラメル職人もその時は助手として、主に洗い物を担当しております。

おかげさまで、なかなかに人気がございまして、ありがとうございます。



クスパのレッスン情報をみますと、おかげさまで満席の日が多々ございます。

ご予約はクスパのセレンディピティページよりよろしくお願いいたします。

料理教室検索クスパ


さて、そんな盛況なお菓子教室

来月からはレッスンの最大開催人数を4名様から3名様に変更することにいたしました。


お客様にそのことをお伝えしますと

「何かあったんですか!!!」

とご心配の声をいただくのですが


問題があったわけではございません。


別に

「今日のキャラメル職人動きが悪かったわね♡」

との社長よりの叱咤が原因で、キャラメル職人の繊細な心が傷ついたわけではなく

別に

「キャラメル職人って必要なときに(適切な場所に)いないよね♪」

という社長よりの叱咤が原因で、キャラメル職人の繊細な心が傷ついたわけでもありません。


より良いお菓子教室にするにはどのようにすべきかを社長と考えまして

あえて人数を限らせていただくことにいたしました。


皆様によりご満足いただければ幸いです。


ではでは〜

今この記事が人気です。

ほおひげパン屋さん バッケンバルト

キャラメル職人はおいしいものが大好きです。


毎月第二日曜日に開催のさくら坂メルカートでも大人気のパン屋さんバッケンバルトさん。

先月に店舗をオープンしたとのこと

これは、ぜひ遊びに行きたい

と思っておりました。


社長にも

バッケンバルトさんのお店に行きましょう

とお誘いしたのですが

「5月はすっごく忙しいから無理よ♪」

「いいから死ぬ気で働いてね♡」

とのことで

思いがけず過度の激励を受けてしまった次第で・・・



やむを得ず

一生懸命仕事をするフリをしながら

GOOGLEに「バッケンバルト」と入力すると・・・

茨城県のご当地ブロガー Torishinさんの記事

「おでかけ 激旨パン屋のバッケンバルトの店舗がもうすぐ完成するみたい」

がヒットしました。



"タクシー会社の小川交通の通りを挟んで反対側って感じです。"(Torishinさんのブログ「おでかけ」より引用, http://torishin.cocolog-nifty.com/odekake/2015/04/post-0bde.html







もう、これは運命なのだ
仕事(をしているフリ)の最中に
こんなブログを見つけてしまうのは
まさに運命なのだ

ありがとうございますTrishinさん

再び社長を説得

「ずっと仕事しても煮詰まっちゃうし☆」

とのことで


行ってきました

プチリゾートを楽しめる素敵な空間

お気に入りのパン屋さんがまたひとつ増えました。

イートインスペースもありコーヒーもいただけます。


もちろん美味でございました。



ではでは〜

グラスランツ・マルシェ・オーク

気がつけば既に前回の更新から1週間。

忙しいふりをすることにかけては天下一品のキャラメル職人です。


さてさてグラスランツ・マルシェ・オークさんに出店することとなりました。

場所は
茨城県牛久市岡見町1194-4
です。地図のリンクを貼っておきましたので、ご確認ください。

龍ヶ崎市・牛久市・阿見町・つくば市からのアクセスもいいですよ。
48号線は信号も少ないのでドライブにも持ってこい。
ドッグランもあります。

ではでは〜

風邪とシークレットゲートカフェ

自分でも驚いたのですが、実に2週間ぶりのブログ更新です。

皆様、お元気でしたか?

キャラメル職人は久しぶりに風邪をひきました。


社長からも

「この◯◯いそがしいなか、風邪なんかひかないでよね♡」(◯◯には決して公にはできない言葉が入ります)

「仕事が増えるじゃない☆」

と労りの言葉をいただきまして


キャラメル職人も必死になって風邪を治した次第です。

おかげさまで今では無事に完治しております。


のんびりの似合うパティスリー301ですが、

おかげさまでココ最近はいそがしくなっております。


シークレットゲートカフェさん


パティスリー301がシークレットゲートカフェへ特別なケーキを卸しております。

「良識ある大人」に向けた大変挑戦的なケーキです。

パティスリー301本店では取り扱っておりませんので、シークレットゲートカフェにてお楽しみください。


ではでは〜
  • アンティーク自転車 - イタリアといえば自転車🚲 いやいや、勝手な思い込みではなく、イタリアは自転車大国です🇮🇹 というわけで、さくら坂メルカートの風景にもさりげなく自転車が溶け込んでいます。 この度新しい? いや、アンティークの自転車が加わりました。 1958年製の自転車です。かなりオシャレですよね。1958年製の自転...
    2 週間前